MENU

収入と支出を考えて無理のない借り入れを心がける

総量規制が導入されてから、年収の3分の1を超える借り入れはできなくなったものの、未だに借金のトラブルは絶えません。こういったトラブルは、借金に対しての認識の甘さやきちんとした利用計画を立てないことによって引き起こされます。

 

即日融資などのスピーディな審査で融資が可能な商品を利用する方は、急いでいるがゆえに融資に通るためのポイントに目を通して、本当に重要な「計画性」という部分を見逃してしまいがちです。

 

借金トラブルで苦しい思いをしないためにも、無理な借金をしないようよく考える必要があります。

 

収入と支出を計算する

お金を借りるときは、単純に年収だけで借り入れ可能な金額を計算してしまいがちです。しかし、借金をする際には収入だけでなく支出を含めて考える必要があります。なぜなら、返済に利用できるお金は月々の収入から支出を差し引いた金額のさらに自由に使える部分から捻出されるべきものだからです。

 

ギリギリの金額で返済していくと普段の生活に支障をきたすことにもなりかねません。まだ、借りる金額が決まっていない場合は収入と支出を計算して、無理なく返済していける範囲の金額に設定すると良いでしょう。

 

どうしてもこの金額でなければならないという場合、無駄な支出を減らせないか確認し、返済に回せるお金を増やしておくと良いでしょう。

 

低金利なところを探す

返済金額をできるだけ減らすためにも、低金利なキャッシングやカードローンを選ぶことは大事なポイントになります。

 

低金利な商品にしておけば、1日に発生する利息を低く抑えることができるからです。
それに加え、元金に回されるお金が増えるので、返済がスピーディになるというメリットもあります。返済金は、まず利息分から支払われ、その残った分が元金に充てられます。

 

利息が少なければ元金が多く減り、元金が減ればさらに利息は減っていきます。
低金利な商品を探して、余分な利息を抑えながらうまく返済していきましょう。

 

最終的に金利と金額を決めるのは金融会社

どれだけ低金利で高限度額な設定で融資を希望しても、最終的な決定は金融会社が下します。多くの場合、融資してもらえる金額は低く、それに合わせて金利は高く設定されます。
だからと言って、これらの準備や計画が無駄になることはありません。

 

最初こそ希望通りにいかなくても、問題を起こさずに長く利用していれば金融会社からの信用と評価が上がり、限度額の増枠や金利の引き下げなどを持ち掛けられたり、応じてもらいやすくなったりします。

 

高額融資を希望していても通らなかったが急いではいないという場合は、ゆっくり信用と評価を上げていき、有利な状況になるようにすると良いでしょう。