MENU

消費者金融と銀行ならどっちが使いやすい?

即日融資は主に消費者金融に多いサービスですが、銀行カードローンでも提供してるところはあります。そうなると選択肢も増えるので、どこを選べばいいのか分からなくなる方もいるかもしれません。

 

どちらを利用するにしてもメリットとデメリットはあります。
自分が望む特徴やサービスがあるかなどをメリットとデメリットを含めて比較して、自分が使いやすいと思うものを探しましょう。

 

消費者金融のメリットとデメリット

大手の消費者金融は、どこを選んでもそのほとんどが即日融資に対応しています。
時期やタイミングによって審査時間はある程度変化するものの、基本的にはスピーディに行われ、審査通過率も比較的高いため、融資してもらいやすいでしょう。

 

また、一定期間利息が全く発生しなくなる無利息期間サービスや、インターネットのやり取りだけで審査ができるWEB完結などもあります。

 

しかし、消費者金融には総量規制があるため、最高でも年収の3分の1までしかお金を借りることができません。加えて金利も高く設定されており、どうしても利息が増えてしまいがちです。そのため、長期で利用する場合は返済プランを入念に立てておく必要があります。

 

銀行のメリットとデメリット

すべてではないものの、銀行でも即日融資に対応しているところがあります。
銀行は低金利な商品が多いため、利息を抑えるためにも利用を考える方も多いでしょう。
また、総量規制の影響を受けないため、年収の3分の1以上の融資を受けることも可能です。

 

ただ、影響は受けないものの総量規制を基準としているため、初回の借り入れではあまり大きな金額は設定されません。そのため、最初から高額融資はしてもらえないばあいがあるので、あまり高望みはしないほうが良いでしょう。

 

銀行のデメリットは、審査に通りにくいことが挙げられます。
銀行の審査は、銀行で行う仮審査と保証会社が行なう本審査に分かれています。
仮審査に通っても、本審査で落ちてしまえば融資してもらうことはできません。

 

また、保証会社は多くの場合消費者金融が担っているので、保証会社が以前利用していた消費者金融で、そこでトラブルを起こしていた場合、高確率で審査に落とされます。すでに消費者金融を利用している、あるいは利用していたという方はここで引っかからないよう、確認しておく必要があるでしょう。

 

大事なのは使いやすさ

どちらを選ぶにしても、自分にとって使いやすいか、自分の要求に合っているかということが一番大切です。どれだけ条件が良くても、自分の期待に沿っていない、使いにくいというのであれば、余計なストレスをため込むことになってしまいます。

 

消費者金融と銀行、どちらの商品もよく調べて自分に合うものを探しましょう。